肌細胞の美容術 外側の美しさは内側の美しさとつながっている!体を中からキレイにしよう!

肌の美しさを左右する
肌細胞のしくみとは?

肌の美しさを左右する肌細胞のしくみとは?

肌を美しく保つには、肌の奥のコンディションもとても重要です。肌は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」という3つの層で構成されています。このうち、肌のハリやうるおいに最も関係しているのが、真皮です。真皮の中をのぞくと、網目状の構造をしたコラーゲンが占めていて、その間にヒアルロン酸やエラスチン、線維芽細胞が点在しています。コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンは美肌成分として有名ですが、線維芽細胞というのは聞き慣れないかもしれません。しかし、この線維芽細胞こそが、“美肌の司令塔”ともいえる存在なのです。肌のうるおいやハリのもととなるコラーゲンやヒアルロン酸などをつくりだし、コラーゲンと自ら接着して互いを引っ張り合うことで、肌にハリを生み出しています。コラーゲンやヒアルロン酸で満たされたみずみずしくハリのある美肌は、線維芽細胞の働きなしには叶えられないのです。

肌細胞が衰えるのは、なぜ?

肌細胞が衰えるのは、なぜ?

線維芽細胞がしっかりと働き、いつまでもハリとうるおいがある美肌がキープできれば理想です。しかし、残念ながら主に2つの要因によって、肌は衰えていきます。1つ目が加齢による肌細胞の変化です。私たちの肌は加齢によって、線維芽細胞の数が減って働きも低下します。すると、コラーゲンやヒアルロン酸が減少したり、コラーゲンを引っ張る力も衰えてきます。その結果、ハリが低下して、お肌のたるみやシワが増えてしまうのです。もう1つの要因が紫外線の影響。紫外線によって、私たちの肌で酸化ストレスが生じ、コラーゲンを分解し、ヒアルロン酸の合成を低下させてしまうのです。よって、紫外線によっても肌のハリやうるおいが低下してしまうのです。

では、加齢や紫外線によって老化した肌は、真皮の中でどのような状態になっているのでしょうか? 若くハリのある肌状態では、コラーゲンが大部分を占め、網目状に張りめぐらされているはずです。確かに、30代の肌を超音波で見ると、黄色やオレンジ色に光るコラーゲン密度が高い部分が多く見られます。しかし、60代の肌では、それが減少し、表皮の下に黒い帯状のものが出現。これは、一般的に「エージバンド」といわれるもので、衰えのサインとして知られています。

いつまでも美肌でいるには
どうしたらいいの?

アロエステロール摂取

いつまでも美しくいるために、加齢や紫外線によって失われるハリやうるおいを取り戻したいものです。そのためには線維芽細胞のコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す力を高める必要があります。森永乳業は、この願いを叶える成分を発見し、その成分に肌に内側から働きかける効果があることを解明しました。それが、アロエベラという植物に含まれる成分「アロエステロール®」です。アロエベラとは、ヨーグルトや化粧品などに利用されることが多い、肉厚な葉をもつ多肉植物。この透明な葉肉の中に含まれるアロエステロール®に、真皮の線維芽細胞を活性化しコラーゲンやヒアルロン酸の産生を高める働きがあることが分かったのです。2015年9月~12月にかけて、アロエステロール®を12週間にわたって摂取した実験では、黄色やオレンジ色に光るコラーゲン密度の高いエリアが増えるという結果がでています。そのほか、肌の水分量や弾力性(=ハリ)もアップすることが確認されています。

いつまでも肌を若々しく保ちたい人は、アロエステロール®に注目し、それが含まれた食品を日常の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

「もっと知ってほしい!肌細胞ではたらく素材」

上矢印