腸内フローラのヒミツ 腸は第二の脳!腸内フローラを整えて、体の中から健康になろう!

健康に大きく関わる
「腸内フローラ」とは?

理想的な腸内フローラのバランス

人の腸内には、数百兆個もの細菌が存在しています。人間の体の細胞はおよそ37兆個ということからも、その多さがよくわかります。こうして無数にひしめきあう腸内細菌は、顕微鏡で観察した際、それらが個々に生息する様相が花畑([英]flora)のようであったことから、「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。腸内フローラには、からだや腸によい働きをするビフィズス菌や乳酸菌などの「善玉菌」と、有害な働きをする「悪玉菌」、良い作用や悪い作用を併せ持つ「日和見菌」といった微生物がいて、つねにせめぎ合いながら共生しています。腸内細菌のバランスや腸内細菌の種類・割合は人によって異なり、食生活や生活習慣、年齢などによっても大きく変化します。この腸内フローラのバランスが、人の健康を大きく左右しているといわれています。

さまざまな微生物からなる
「腸内フローラ」

腸内フローラは、人間の健康や長寿に大きく関わっています。肉食中心の食生活や飲酒、ストレス、加齢などによって腸内細菌のバランスが崩れると、腸内の腐敗産物などが増加し、腸内環境が悪化します。この悪化は腸を介して発がんや動脈硬化など全身の疾患リスクを増加させます。また、悪玉菌には「サルモネラ菌」のような食中毒の原因菌だけでなく、毒素を産生し、腸を傷つけることで大腸がんのリスクを高める「毒素産生型バクテロイデス」と呼ばれる菌などが存在します。このように、さまざまな疾患に腸内細菌が関わっているのです。

食生活の改善などでビフィズス菌など腸内の善玉菌が増えると、便秘や下痢の症状が改善したり、免疫力が向上したりもします。さらに、痩せやすい体質づくりにも役立つことがわかっています。腸内フローラを整えて腸内の環境を良好にすることこそが、健康への近道なのです。

「腸内フローラ」のバランスをよくするために・・・

腸内環境を良くするためには、ビフィズス菌に代表される善玉菌を増やすことが重要です。そのためには、食生活が大切になります。栄養バランスの整った食事を心がけ、悪玉菌が生み出す腐敗産物を便として排出してくれる食物繊維や、善玉菌を活発にさせるミルクオリゴ糖(ラクチュロース)を多く摂るようにしましょう。

また、ヨーグルトから生きて腸に届き、よい働きをしてくれる微生物(ビフィズス菌や乳酸菌)=プロバイオティクスを摂ることも有効です。とくにビフィズス菌は、悪玉菌が苦手とする酢酸を腸内で作り出すため、悪玉菌の働きを効果的に抑えることができます。

摂取したビフィズス菌は長期間腸には定着しませんが、腸内にもともとすんでいるビフィズス菌を元気する働きがあります。森永乳業では、こうした人にすむビフィズス菌のなかから、安全で、人のからだによりよい働きをしてくれるビフィズス菌を研究してきました。

代表的な菌には、人にすむ種類のビフィズス菌が苦手とする酸や酸素に強く、ヨーグルトなどの製品の中でも長く生き続けられる「ビフィズス菌BB536」、太りにくい体をつくってくれる「ビフィズス菌B-3」、赤ちゃんに多くすんでいる、子供に適した「ビフィズス菌M-16V」などがあります。また、これらプロバイオティクスのエサとなって、ビフィズス菌を増やす働きのあるミルクオリゴ糖「ラクチュロース」の研究にも力を入れています。

自分の体調や健康状態に合わせて、目的別のビフィズス菌を選び、普段の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

上矢印