ラクトフェリン

ラクトフェリン

へその緒でつながってお母さんのお腹のなかで大事に育てられてきた赤ちゃんは、産声を上げた途端、さまざまな病原菌にさらされます。このとき赤ちゃんを感染症から守ってくれるのが母乳に含まれる「ラクトフェリン」です。哺乳動物は、丈夫に命をつなぐため、母乳から強く生きるチカラを授かるのです。そして今、ラクトフェリンには赤ちゃんをすこやかに育むだけでない驚くべきチカラが存在することが注目されています。私たちをさらなる健康へ導いてくれる多機能成分・ラクトフェリンについて探ってみましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんを守る
「ラクトフェリン」とは?

生まれたばかりの赤ちゃんを守る「ラクトフェリン」とは?

ラクトフェリンは人間の母乳をはじめ、多くの哺乳動物の乳に含まれているたんぱく質の一種です。もともと、育児用ミルクを開発時、母乳のすぐれた点をさぐる過程で注目され始めました。実際に生まれたばかりの赤ちゃんがお母さんから最初に授かり、すこやかに育つために重要な働きを担っています。ラクトフェリンは、出産後数日の間に分泌される初乳に最も多く含まれ、生まれたばかりの赤ちゃんをさまざまな感染症から守っています。いわば、ラクトフェリンは赤ちゃんが母乳から授かる“命のもと”なのです。

では、母乳には、どれくらいの量のラクトフェリンが入っているのでしょうか。初乳(出産後5日目ごろまでの母乳)には100mℓ当たり約600mgのラクトフェリンが含まれています。これはコップ1杯の水に角砂糖がおよそ半個分溶けた割合※1と同じです。常乳(出産後3週間以降の母乳)になると、ラクトフェリン濃度はその3分の1程度にへります。一方、牛乳にも牛の赤ちゃんを育てるためにラクトフェリンが含まれていますが、その濃度は人間の母乳の10分の1程度しかありません。ラクトフェリンは、生物が進化の過程で獲得した、哺乳動物に特有のたんぱく質です。哺乳動物のなかで最も進化したと考えられるヒトでは、その分泌量が多くなっています。

ラクトフェリンは、1939年に最初に牛乳から発見されました。研究が進むにつれ、鉄を結合する力が非常に強いことがわかり、「ラクト=乳」の中の、「フェリン=鉄」を結合するたんぱく質ということから「ラクトフェリン」という名前が付きました。この性質が微生物の生育を抑制する働きにつながっています。

  1. ※1 コップ1杯を200mℓ、角砂糖1個を3gとした場合

私たちの体を守るのに必要な
ラクトフェリンのチカラ

赤ちゃんの健康維持に欠かせないラクトフェリンですが、実は母乳以外にも存在しています。ラクトフェリンは、鼻汁や唾液、涙そして白血球からも分泌されます。つまり、外部と接触する部分や病原菌が侵入するような場所に存在することから、あらゆる年代の人の体を守る役割を果たしていることがわかります。そのほか、ラクトフェリンは私たちの健康に関わるさまざまな働きを持つことがわかっています。

体を守る働き

感染症からの防御

ラクトフェリンには、抗菌・抗ウイルス作用があります。そのため、新生児の敗血症の発症予防、ノロウイルス胃腸炎の発症予防、胃ピロリ菌の抑制、風邪の発症予防、歯周病・口臭の改善など感染症から体を守る働きがあります。

免疫力を回復

ラクトフェリンには、体を守る免疫細胞の1つNK(ナチュラルキラー)細胞の働きを高める作用があります。NK細胞は、がん細胞やウイルスに感染した細胞を発見し、破壊する重要な役割を担っています。

健康を維持・増進する働き

腸内環境を改善

ラクトフェリンは、悪玉菌から鉄を奪いとり、その生育を抑制する働きがあります。一方、整腸作用で知られている善玉菌のビフィズス菌を増やす働きもあり、2つの働きで腸内細菌のバランスを整えます。

貧血を改善

ラクトフェリンには鉄の吸収調節作用があります。これを利用して貧血を改善する働きがあります。

このようにたくさんの効果をもたらしてくれることから、ラクトフェリンは「多機能たんぱく質」とも呼ばれています。では、私たちの体のなかでどのように作用しているのでしょうか。口から摂取したラクトフェリンは、胃で消化されると、「ラクトフェリシン®」という物質が生じ、もとのラクトフェリンよりも強力な抗菌作用を発揮して、病原性大腸菌O157やピロリ菌等と戦います。また、一部のラクトフェリンは消化されずに、そのまま腸まで到達し、腸内の免疫細胞に働きかけます。つまりラクトフェリンは、胃や腸ではラクトフェリシン®として病原菌を抑制し、腸では免疫力を回復させるという相乗効果によって、私達の体を守ってくれているのです。

ラクトフェリンを効率的に
取り入れるためには?

私たちの体を守り、健康を維持する働きをもつラクトフェリンは、効率的に取り入れたいものです。ラクトフェリンは、熱に弱い性質があるため、高温で殺菌される一般的な牛乳やその他の乳製品では摂りにくく、ラクトフェリン配合のヨーグルトなどの機能性食品やサプリメントで摂取するのがおすすめです。

そして、時々食べるよりも、毎食後に食べるなど習慣にして、毎日継続的に摂ることが大切です。ラクトフェリンの1日の摂取目安量を定めたデータはありませんが、市販のラクトフェリン入りヨーグルトや機能性ミルクなどでの摂取量は、1個あたり100~200mgです。

これらの食品や飲料に入っているラクトフェリンは、牛乳からチーズをつくるときに分離される液体(ホエイ)や、殺菌前の牛乳から抽出されています。つまり実際の食べ物の原料からつくられているのです。安心ですね。

森永乳業がつくる
ラクトフェリンの未来

森永乳業がつくるラクトフェリンの未来ラクトフェリン

日本のラクトフェリン研究の歴史をさかのぼると、1960年代のことになります。育児用ミルクを製造していた森永乳業は、母乳で育った赤ちゃんは病気になりにくいことに着目し、その要因を探るなかでラクトフェリンにたどり着き、初めて母乳中成分ラクトフェリンの研究に着手しました。当時はラクトフェリンにどのような機能があるかも不明な時代です。長い年月の研究を経てラクトフェリンを配合した育児用ミルクで、腸内フローラの調節作用を実証しました。そして1986年に、世界で初めてラクトフェリン配合の育児用ミルクを発売しました。その後も研究は続き、森永乳業は世界で最もラクトフェリン論文の発表数が多いメーカーとなっています。

さらに森永乳業はラクトフェリンの研究・開発にとどまらず、製造から販売までを一貫してリードしてきたトップメーカーでもあります。製品の安全性への評価も高く、育児用ミルクに添加するラクトフェリンでは世界で唯一、米国のGRAS※2に認められています※3

ラクトフェリンは、半世紀以上にわたる研究で感染症から体を守るという本来の機能のほかに、腸内環境を改善したり、貧血を改善したりするなどの健康機能が発見されました。つまり、赤ちゃんだけではなく、大人や高齢者への働きも見逃せません。近年、最先端の研究では、赤ちゃんの脳機能の発達への寄与が検討されています※4。これが認められれば、広く脳機能への有効性が解明される可能性もあるでしょう。ますます健康機能が明らかになることが期待されるラクトフェリン。その未来に今後も注目が集まります。

  1. ※2 Generally Recognized As Safe「一般的に安全と認められたもの」
  2. ※3 2016年7月現在
  3. ※4 B. Wang, Molecular determinants of milk lactoferrin as a bioactive compound in early neurodevelopment and cognition. Journal of Pediatrics, 173S:S29-36 (2016).
上矢印