ビフィズス菌M-16V

ビフィズス菌M-16

ビフィズス菌は、生まれたての赤ちゃんにとって健康を守るとても大切な菌です。未熟な腸や免疫機能の発達を助けて、赤ちゃんの命が危険に晒されないように見張っているのです。その頼もしい働きぶりをみてみましょう。

低体重で生まれた赤ちゃんを救う
「ビフィズス菌M-16V」とは?

低体重で生まれた赤ちゃんを救う「ビフィズス菌M-16V」とは?

「ビフィズス菌M-16V」は、1963年に赤ちゃんの腸内から発見されたビフィズス菌で、とくに赤ちゃんに多くすんでいる種類のビフィズス菌です。予定より早く生まれた体重1,500g未満の赤ちゃんでは、腸の機能が未発達で消化吸収がうまくできなかったり、感染症にかかりやすかったりなど、命の危険に晒されることがあります。こうした赤ちゃんたちを救うために研究、開発されてきたのが「ビフィズス菌M-16V」なのです。

赤ちゃんの健康を守る
「ビフィズス菌M-16V」のチカラ

健康な赤ちゃんのお腹の中は、生後まもなくするとビフィズス菌で占められるようになります。しかし、予定より早く生まれてしまった赤ちゃんでは、病原体などの外敵から赤ちゃんの健康を守ってくれるビフィズス菌が定着するまでに時間がかかることが分かっています。そのような赤ちゃんに、「ビフィズス菌M-16V」を与えると、未熟な腸の機能発達を促して栄養の吸収力を高めたり、免疫機能の発達を助けて感染症から守り、赤ちゃんの正常な発育を助ける働きをしてくれるのです。

低体重で生まれた赤ちゃんへの効果

腸内フローラの形成を助ける働きにより、低体重で生まれた赤ちゃんの成長を助けたり、感染症の発症率を抑えるメリットがあります。また、低体重で生まれた赤ちゃん特有の、命に係わる病気である壊死性腸炎の発症率を下げ、細菌感染によって起こる敗血症の発症率を抑える働きも認められています。

抗アレルギー作用

アレルギー症状を軽減する効果が報告されています。アトピー性皮膚炎の乳幼児に、ビフィズス菌M-16Vを与えたところ、腸内フローラを正常なバランスに戻し、アトピー性皮膚炎の症状が改善されました。また、大人のアトピー症状に改善が見られたことも報告されています。

森永乳業が医療機関へ無償で
提供する「ビフィズス菌M-16V」

森永乳業が医療機関へ無償で提供する「ビフィズス菌M-16V」

赤ちゃんの健康や健全な発育について積極的に取り組んできた森永乳業は、ヨーグルトなどの食品開発とともに、生まれつき生命の維持に必要な酵素が不足している先天性代謝異常症の赤ちゃんのための特殊ミルクなど、赤ちゃんをサポートする製品開発にも力を入れてきました。「ビフィズス菌M-16V」も、子供たちの健康を守って成長を助けてくれるビフィズス菌として、森永乳業が独自に開発したプロバイオティクスです。とくに、低体重で生まれた赤ちゃんの腸内フローラの形成や免疫機能の発達を助け、感染症を予防したりする働きがあるため、全国の医療機関へ向けて20年以上前から無償で提供を行ってきました。これまでに日本全国の100施設以上のNICU(新生児集中治療室)で利用されており、アメリカのFDA(食品医薬品局)から安全基準をクリアした食品添加物に与えられるGRAS認定を受けるなど、海外でも乳幼児向けのプロバイオティクスとして知られる存在になっています。

上矢印