ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌とひと言にいっても、その種類はさまざま!
現在、確認されているだけでも50菌種ほどあり、おなかへの作用や性質もみな異なります。森永乳業が研究を続ける「ビフィズス菌BB536」は、人にすむ種類のおなかに適した菌で、酸や酸素に強いため生き残りやすく、また整腸作用から感染症予防、骨補強作用などの働きをしてくれる優れたビフィズス菌です。ここでは、その働きを見ていきましょう。

特別に選ばれた
「ビフィズス菌BB536」

特別に選ばれた「ビフィズス菌BB536」

「ビフィズス菌BB536」は、赤ちゃんの腸内から発見された人にすむ種類のビフィズス菌です。乳児から大人の腸内にすむ種類のビフィズス菌であることから、数あるビフィズス菌の中でも、より人に適した菌であると考えられています。とくに、人にすむ種類のビフィズス菌が苦手とする酸や酸素に強く、ヨーグルトなどの製品の中でも長く生き続けられるため、腸に毎日届けるビフィズス菌として最適な存在なのです。

現在では、「プロバイオティクス」、つまり腸内環境を改善してくれる生きた善玉菌の代表的な菌として世界中の多くの国で認められ、ヨーグルトやサプリメント、育児用粉ミルクなどの製品となって販売されています。また、長年の研究から多くの生理作用が確認されており、健康維持に大いに役立つビフィズス菌として知られています。

「ビフィズス菌BB536」の
人への5つの働き

「ビフィズス菌BB536」は、長年の研究から、整腸作用や栄養吸収の促進、アレルギー予防など、人に対してたくさんの生理作用を持っていることが明らかにされてきました。ここでは、その5つの生理作用をご紹介します。

整腸作用

「ビフィズス菌BB536」を摂取すると、腸内環境が良好になり、おなかの調子がよくなります。排便回数を増やしたり、悪玉菌が作り出す有害物質(アンモニア)の発生を抑えたりする働きがあります。

感染症を防ぐ働き

大腸の表面にある細胞を保護して外敵から腸を守ることで、病原性大腸菌0-157の感染を予防することが期待できます。また、高齢者のインフルエンザを予防することも報告されています。免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞や、白血球の一種で悪い菌を殺してくれる好中球を活性化させて、免疫力をアップさせることがわかっています。

アレルギーを予防する働き

花粉症などのアレルギー反応は、免疫のバランスが崩れることによって起こります。「ビフィズス菌BB536」は、腸内細菌や腸の壁の内側にいる免疫細胞に働きかけることで、崩れた免疫バランスの改善を促してくれるため、アレルギーの症状が緩和すると考えられています。

潰瘍性大腸炎かいようせいだいちょうえんの緩和作用

潰瘍性大腸炎とは、自分のなかにある免疫反応が異常を起こして発症すると考えられている病気です。大腸の粘膜に炎症が起きて、ただれや潰瘍などの症状を引き起こします。「ビフィズス菌BB536」を摂取すると、こうした症状が軽くなることがわかっています。

骨の強度を高める作用

「ビフィズス菌BB536」は、骨の密度を高める働きがあります。これは「ビフィズス菌BB536」の作り出す酸によって、腸内が酸性になり、カルシウムが吸収されやすい状態になるためと考えられています。牛乳などに含まれるミルクカルシウムと一緒に摂取すると、より効率的にカルシウムを摂取できます。

森永乳業が見つけた
「ビフィズス菌BB536」

森永乳業が見つけた「ビフィズス菌BB536」

森永乳業はビフィズス菌研究のパイオニアとして、長い間研究を行ってきました。「ビフィズス菌BB536」は、「赤ちゃんの健康を守る製品づくり」のために、母乳の成分や働きを研究していた過程で、1969年、健康な乳児から発見されました。それから、人に適したビフィズス菌であり、酸素や酸に強い特徴を持つ「ビフィズス菌BB536」を多くの人に毎日届けるため、製品開発をスタートさせました。やがて、ビフィズス菌をより元気に届ける製造の工夫を重ね酸や酸素に弱く製品化が難しいといわれていたビフィズス菌を、ヨーグルトに入れて発売することに成功したのです。1986年にはその高い技術が認められ、ビフィズス菌入りヨーグルトの製造技術をフランスへ輸出しました。その後も研究を続け、酸素を通しにくいバリア容器や「ビフィズス菌BB536」を守ってくれる乳酸菌(ラクトコッカス・ラクティス菌)を活用した製造技術を開発し、より効果を発揮しやすい状態でビフィズス菌を届けられる製品づくりを実現させたのです。また、粉末状にしたビフィズス菌サプリメントの開発にも成功し、現在では世界中の多くの国で森永乳業の技術が利用されています。

「ビフィズス菌BB536」は、1969年の発見から40年以上にわたって研究・製品に応用され、安全性の面においても、米国食品医薬品局のGRAS認定を受けました。安全性の高い「プロバイオティクス」の代表として、いま世界中で注目されているビフィズス菌なのです。

  1. ※Generally Recognaized As Safeの略で、「一般的に安全と認められたもの」。
上矢印