ビフィズス菌の基礎知識

ビフィズス菌の基礎知識体に良い働きをしてくれるビフィズス菌って、そもそもどんな菌なのでしょう?
腸は、食べ物と一緒に入ってくるウイルスや細菌、腸にすみつく悪玉菌によっていつも危険にさらされています。私たちがいつも健康でいられるのは、ビフィズス菌などの善玉菌が腸にすみつく悪玉菌の増殖を抑えて、おなかの中をいつも良好な環境に保っているからです。そんな人の健康に欠かせないビフィズス菌について、くわしくご紹介します!

ビフィズス菌って、
いったいどんな菌?

ビフィズス菌って、いったいどんな菌?

人の腸内は、「善玉菌」や「悪玉菌」などの腸内細菌がつねにせめぎ合うことでバランスを保ち、活動をしています。その腸内細菌の数は、数百種類、約40兆個[1]にも及ぶといわれ、私たちの健康に影響を及ぼしています。

ビフィズス菌は、1899年にパスツール研究所のティシエ(Tissier)博士により、赤ちゃんのうんちから発見されました。ビフィズス菌の特徴は、1899年に赤ちゃんのおなかから発見された菌で、人の腸内(大腸)に最も多くすんでいる「善玉菌」です。人の大腸にすむビフィズス菌の数1~10兆個に対して、他の善玉菌である「乳酸菌」の数はその1%以下です。そのため、ビフィズス菌は腸内に適した菌だと考えられているのです。



また、ひと言でビフィズス菌と言ってもその種類は多岐にわたり、現在ではおよそ70以上の菌種に分類されています。菌の種類によってすむ場所が異なり、人と動物でもすんでいるビフィズス菌の種類が異なります。人の腸内からはおよそ10種類のビフィズス菌が発見されており、人の腸にすむビフィズス菌は、動物の腸内からはほとんど見つかりません。逆に動物のビフィズス菌は、人の腸内にはすみつかないと考えられています。このように、人のビフィズス菌と動物のビフィズス菌は、適した環境がそれぞれに異なるものと考えられています。

ビフィズス菌の人への作用

ビフィズス菌は、整腸作用にはじまる様々な作用により腸内環境を良好にする働きをもっています。とくに、腸内で酢酸などの短鎖脂肪酸を作る点が同じ善玉菌として知られる「乳酸菌」との違いの一つです。お酢の成分などで知られる酢酸は、強い殺菌力を持ち、腸管のバリア機能を高めてくれるため、腸内環境を良好に保ってくれます。腸内環境を整えるには、大腸で酢酸などの短鎖脂肪酸を作り出してくれるビフィズス菌を増やすことがとても有効な方法のひとつだと考えられています。

ビフィズス菌の上手な摂り方

ビフィズス菌の上手な摂り方

ビフィズス菌の入ったヨーグルトやサプリメントなどを毎日食べて、腸内のビフィズス菌を活性化することが重要です。

ビフィズス菌を摂るタイミングは、胃酸の影響が少ない食後がよいといわれています。また、ビフィズス菌の餌となるような食物繊維やオリゴ糖と一緒に食べると、より強い効果が期待できます。



[参考文献]

[1]Sender R, et al. Are We Really Vastly Outnumbered? Revisiting the Ratio of Bacterial to Host Cells in Humans, Cell 2016; 164: 337-340

ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌BB536

ビフィズス菌とひと言にいっても、その種類はさまざま!
現在、確認されているだけでも50菌種ほどあり、おなかへの作用や性質もみな異なります。森永乳業が研究を続ける「ビフィズス菌BB536」は、人にすむ種類のおなかに適した菌で、酸や酸素に強いため生き残りやすく、また整腸作用から感染症予防、骨補強作用などの働きをしてくれる優れたビフィズス菌です。ここでは、その働きを見ていきましょう。

「ビフィズス菌BB536」をもっと詳しく
知りたい方はこちら

ビフィズス菌M-16V

ビフィズス菌M-16V

ビフィズス菌は、生まれたての赤ちゃんにとって健康を守るとても大切な菌です。未熟な腸や免疫機能の発達を助けて、赤ちゃんの命が危険に晒されないように見張っているのです。その頼もしい働きぶりをみてみましょう。

「ビフィズス菌M-16V」をもっと詳しく
知りたい方はこちら

ビフィズス菌MCC1274

ビフィズス菌MCC1274

軽度認知障害への作用が確認され注目される「ビフィズス菌 MCC1274」。森永乳業が脳と腸の関係を研究する中で見出したビフィズス菌です。その詳しい働きを見ていきましょう。

「ビフィズス菌MCC1274」をもっと詳しく
知りたい方はこちら
上矢印