美容効果が期待できるヨーグルトを活用しよう

美容効果が期待できるヨーグルトを活用しよう

コンビニやスーパーなどの乳製品コーナーに行けば、必ずと言ってよいほど売られているヨーグルト。腸内環境を改善する効果があるのは誰もが知るところですが、肌荒れや乾燥肌などの改善にもつながると考えられているのをご存知でしょうか。ヨーグルトに期待できる美容効果について、詳しく解説します。

肌荒れの原因に腸内環境の乱れがある?

一見無関係に見える腸と肌ですが、肌は腸内環境の影響を受けると言われています。食べ物の消化・吸収の役割をもつ腸には、善玉菌や悪玉菌などのさまざまな種類の細菌が生息しており、それぞれが適切なバランスで存在することによって腸内環境が健康に保たれています。しかし、暴飲暴食や運動不足、ストレスなどによって腸の動きが鈍くなり便秘がちになると、悪玉菌が繁殖しやすくなって腸内環境のバランスが乱れてしまいます。そして腸内環境が悪化して悪玉菌が増えると、悪玉菌が産生する腐敗産物や活性酸素などが体内に取り込まれ、肌荒れや肌の乾燥などの原因となってしまうことがあるのです。

ヨーグルトが美肌に効果的な理由

腸内環境を整えるためには、腸内の善玉菌の勢力を優位にしておくことが重要になります。ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌といった善玉菌や、善玉菌をサポートすることに役立つ成分が豊富に含まれています。そのためヨーグルトを定期的に食べることによって、腸内細菌のバランスが整い、腸内環境を正常に保つことができるのです。

正常な腸内環境では、腸内細菌がビタミンB群の一部や短鎖脂肪酸などの物質を産生します。ビタミンB群は美しい肌を保つには必要不可欠な栄養素ですし、短鎖脂肪酸は腸の動きを促進させます。便秘になりにくい体質になるので、結果的に美肌をつくるのに役立つというわけです。

ヨーグルトに含まれる栄養素について

ヨーグルトには、さまざまな栄養素が含まれています。ヨーグルトの原料である牛乳には、「カゼイン」という吸収率の高いタンパク質が含まれています。さらに、ヨーグルトの製造過程においてカゼインの一部が乳酸菌によってアミノ酸やペプチドに分解されることで、より消化吸収されやすくなります。タンパク質自体は肌や筋肉、髪の毛などをつくるのに欠かせませんが、特にカゼインはカルシウムの吸収を助けたり免疫力を高めたりするなど健康に役立つ機能を備えています。

タンパク質の他にも、ヨーグルトにはビタミンAやビタミンB1、B2などのビタミンB群が豊富に含まれています。また、カルシウムやリンなども含まれており、美容だけでなく健康のためにも日々の食卓にとり入れたい食材です。

美肌づくりに役立つヨーグルトの成分

ヨーグルトに含まれる栄養素のうち、肌への作用を中心に見てみましょう。ビタミンAは、肌の健康を維持する栄養素で、カサつき防止に効果的です。また、ビタミンB2は脂肪の代謝を促進し、肌荒れやシミ、口内炎などを予防します。現在では、このようなビタミン類以外にも美肌や健康に効果的な成分を独自に添加したヨーグルトがさまざまなメーカーから発売されています。自分の肌悩みや体質に合ったヨーグルトを選んで、日ごろの食生活に積極的にとり入れるようにしましょう。


監修医師

メディカルブランチ表参道 院長
古田 一徳 先生

ビフィズス菌

ビフィズス菌

体に良い働きをしてくれるビフィズス菌って、そもそもどんな菌なのでしょう?
腸は、食べ物と一緒に入ってくるウイルスや細菌、腸にすみつく悪玉菌がはびこる危険な場所です。
私たちがいつも健康でいられるのは、ビフィズス菌がそうした敵の増殖を抑えて、おなかの中をいつも安全に保っているからです。
そんな人の健康に欠かせないビフィズス菌について、くわしくご紹介します!

「ビフィズス菌」をもっと詳しく
知りたい方はこちら
上矢印