花粉による不快感の緩和!カギは腸内環境とビフィズス菌?!

花粉による不快感の緩和!カギは腸内環境とビフィズス菌?!

重たいコートがいらなくなり、足取りだって軽くしたい春。でも、くしゃみ、鼻水、鼻づまりに悩まされる、憂うつな季節でもあります。もしも花粉がなければもっと春を楽しめるのに……。実は、そんな花粉による不快感の緩和には、腸内環境が関わっているのです。ビフィズス菌でそんな不快感を緩和するための対策をご紹介しましょう。

花粉症は免疫システムのバランスが崩れる病気

日本人の4人に1人がかかっていると言われる花粉症。東京都内で行われたアンケートでは、半数近くがスギ花粉症に悩んでいるという報告もあります。花粉症はアレルギー疾患の一種で、免疫システムのバランスが崩れる病気です。免疫システムは、ウイルスなど体に害を及ぼす「侵入者」を排除してくれる、とても大切な仕組み。でも、そのバランスが崩れると、本来は害のない花粉などに過剰反応してアレルギー反応を起こしたり、必要なときにきちんと働いてくれなかったりしてしまうのです。

重要なのは予防策!アレルギーの出にくい体質とは?

つらいアレルギー症状を緩和するための対応策の一つが、ステロイド剤や抗アレルギー剤などの服用です。しかし、副作用や依存性が報告され、症状が出ている間は服用し続ける必要があるため、長く服用することによって効き目が薄れることもあります。

そこで重要になるのが予防策。特にスギ花粉によるアレルギー反応の予防には、まずマスクとメガネがとても有用です。シーズン中は着用をこころがけましょう。また、花粉の飛散期には窓を締めておいたり、家の中に花粉を持ち込まないことも重要です。外出から戻ったら、家に入る前に上着についた花粉を払うだけでも侵入を防げます。

そして、もう一つの有効な対策が、アレルギーの出にくい体質を日頃からつくっておくことです。アレルギーの出にくい体質とは、免疫システムを正常に保った状態を指します。免疫システムはさまざまな細胞が関わるものですが、中でも、体への侵入者に対する過剰な反応(=アレルギー)を抑制する働きを持つ「Tレグ細胞」を活性化して、きちんと働くようにしておくことが大切です。そしてそれを助けるのが、腸の中にいる「腸内細菌※1」。バランスの良い腸内環境にすることで、Tレグ細胞が正常に働き、アレルギーの出にくい体質をつくることができるというわけです。

免疫システムに大きく関わっている腸

腸内の善玉菌を増やすためのキーワードは、「整った腸内環境」。
腸は免疫システムと非常に密接な関係を持つ器官で、口から入ってきたものが、体にとって有害かそうでないか選別する役割も果たしています。免疫細胞の60~70%が集まっていて、食物のように栄養となるものを吸収する一方、有害な細菌やウイルスは体内に入れないよう、24時間365日、守ってくれているのです。この腸の免疫システムをコントロールしているのが、腸の中に住んでいる「腸内細菌」です。

腸内環境を整えて善玉菌を増やすにはどうすればいい?

腸内環境を整えるために、まず気をつけたいのが食生活。食べすぎや極端なダイエット、高脂肪・高カロリーの食事など、乱れた食生活はNGです。また、睡眠不足や不規則な生活、運動不足などの生活習慣の乱れやストレスにも気をつけましょう。免疫の働きを低下させることが分かっています。さらにカビやダニ、ホコリ、大気汚染による有害物質などが多すぎる環境も避けるべきです。
しかし、食生活や生活習慣、生活環境を改善することは、現実的にはなかなか簡単なことではないかもしれません。しかも、ずっと続けるとなればなおさらです。

そこで、お薦めしたいのが、善玉菌の代表であるビフィズス菌を含むプロバイオティクス(善玉菌や善玉菌を含む食品)を摂取すること。ビフィズス菌も乳酸菌も善玉菌と呼ばれていますが、健康な赤ちゃんの腸内細菌から推計される、腸内の善玉菌のビフィズス菌と乳酸菌(乳酸桿菌Lactobacillus)の割合はなんと99.9対0.1。しかし、ビフィズス菌は加齢とともに減少していくため、ビフィズス菌を摂取することで腸内フローラのバランスを良好に保つことができます。そうして強い腸をつくることが、花粉によるアレルギー反応を緩和する対策となるのです。

ビフィズス菌を送り、育て、強い腸をつくる

プロバイオティクスを選ぶ上で大事なのが、生きたまましっかり腸まで届くビフィズス菌であること。ビフィズス菌には60種類ほどの菌種がありますが、それぞれ性質や効果が違います。酸や酸素に強く、食品の中でも長く生き続けられるビフィズス菌を摂取することが重要です。また、プロバイオティクスで送り込んだビフィズス菌は、あくまでも「応援部隊」。腸にずっと住み続けることはできせんので、摂り続けることもポイントです。ヨーグルトなど、無理なく続けられる方法で、プロバイオティクスを摂取していきましょう。

同時に、送り届けたビフィズス菌や、もともと住んでいるビフィズス菌のエサになる「ラクチュロース」(オリゴ糖の一種)や食物繊維などの「プレバイオフィクス」も摂れば、さらに効果的。菌を届ける「プロバイオティクス」と、菌を育てる「プレバイオティクス」を一緒に腸に送り込む考え方を「シンバイオティクス」と呼び、腸内のビフィズス菌の働きをより活発にする方法として注目されています。シンバイオティクスにより、腸内フローラが整った強い腸になり、免疫システムのバランスを正常化し、花粉によるアレルギー反応を緩和する対策として期待できます。

※1 ビフィズス菌や乳酸菌、大腸菌など人の腸内に定住している細菌の総称

参考資料
「アレルギーは腸から治す」(林隆博/幻冬舎)
「花粉症環境保健マニュアル」(東京都健康安全研究センター)


監修医師

医療法人社団青藍会西焼津クリニック院長
林隆博先生

鳥取大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院小児科学教室に入局。藤枝市立志太総合病院小児科で新生児医療に携わり、子どものアレルギー診療を開始。1998年、乳児へのビフィズス菌投与でアレルギーが大幅に改善することを発見。以後、多くのアレルギー患者の症状改善に貢献。発達障害や精神疾患と腸内細菌の関連性の研究を続けている。

ビフィズス菌

ビフィズス菌

体に良い働きをしてくれるビフィズス菌って、そもそもどんな菌なのでしょう?
腸は、食べ物と一緒に入ってくるウイルスや細菌、腸にすみつく悪玉菌がはびこる危険な場所です。
私たちがいつも健康でいられるのは、ビフィズス菌がそうした敵の増殖を抑えて、おなかの中をいつも安全に保っているからです。
そんな人の健康に欠かせないビフィズス菌について、くわしくご紹介します!

「ビフィズス菌」をもっと詳しく
知りたい方はこちら

ラクチュロース

ラクチュロース

ダイエットや健康の観点から「糖分は出来るだけ避けたい!」と思い込んでいませんか?糖分には様々な種類があり、中でもミルクから作られるラクチュロースは、自分のおなかの中にいるビフィズス菌を増やして、腸内環境を良好にしたり、カルシウムの吸収を助けたりします。あなたもラクチュロースの働きを知って、毎日の健康に役立ててみましょう。

「ラクチュロース」をもっと詳しく
知りたい方はこちら
上矢印