下痢はカラダからのSOS!原因究明と対策をしっかりと

下痢はカラダからのSOS!原因究明と対策をしっかりと

生活習慣やウイルスなど、下痢の原因は様々です。生活習慣の改善を中心に、原因に合わせた予防が必要です。

下痢ってどんな状態?こんな下痢は要注意!

下痢は便の水分が増え、液状になることをいいます。通常の便に含まれる水分は70~80%ですが、下痢便の場合、90%以上にもなります。
下痢は腸内の水分と関係があります。私たちの腸はぜん動運動で便を少しずつ肛門側に送り、その途中で水分が腸壁から吸収されます。腸内に便が長くとどまると便は硬く、すぐ通過すると水分が多くなり柔らかくなります。なんらかの理由により腸内で水分が吸収されないと下痢になります。
下痢便といっても、その色や状態には様々なものがあります。実は便は私たちの腸の状態をおしえてくれる、大切な情報源です。「ただの下痢だからすぐ治るだろう」と軽く考えるのではなく、普段から便の状態をチェックするとよいでしょう。特に下痢は、人に移る可能性のある病気が原因となっている場合がありますし、血が混じるような便の場合には、胃腸や肛門に何らかの異常が起きて出血していることを示しますので、そのような場合には、医療機関での受診をおすすめします。

下痢の原因をチェック!長く続くなら疾患を疑って

下痢には急に起こり短期間で収まる「急性下痢」と3週間以上続く「慢性下痢」があります。日常生活で急にお腹が痛くなり、下痢をするのは急性下痢が多いでしょう。その急性下痢の原因には様々なものがあります。具体的にみてみましょう。

【下痢を引き起こす原因】

  • □暴飲暴食:飲みすぎ、食べ過ぎで胃腸が弱る
  • □冷え:冷たいものの摂りすぎや冷え性で胃腸の血行が悪くなると、消化機能が低下する
  • □ストレス:ストレスで自律神経が乱れると腸の働きが鈍くなり、下痢や便秘になる
  • □アルコールや香辛料:刺激物は腸のぜん動運動を必要以上に高め、その結果下痢になる
  • □生理:生理中に分泌されるプロスタグランジンというホルモンが胃腸に作用し、下痢を引き起こす
  • □細菌やウイルス感染:細菌やウイルスの感染(病原性大腸菌O157、サルモネラ菌、ノロウイルスなど)
  • □薬の副作用:服用した薬による影響。抗生剤の服用で下痢になることがある

急性下痢は、通常数日で収まります。下痢の原因を探ると、上記のいずれかが思い当たることが多いのではないでしょうか。もし下痢が3週間以上続き、原因が思い当たらない場合は、過敏性腸症候群などの疾患の疑いがあります。「体質だから」と軽く考えず、医療機関を受診するようにしましょう。

下痢のときの注意点!食事は消化がよく刺激の少ないものを!?

では、下痢になってしまったときはどうすればいいのでしょうか。下痢のときは便と一緒に体の水分や塩分が失われ、脱水症状になりがちです。腸に負担をかけずに吸収されやすい薄い番茶、麦茶、ぬるいミネラルウォーターなどを飲みましょう。水分と同時に失われた電解質を補うスポーツドリンクもよいでしょう。
下痢のときの食事は、弱った胃腸に負担をかけない、食べやすく消化のよいものが適しています。よく煮込んで柔らかくしたうどんやおかゆ、野菜スープ、ゼリー、すりおろし林檎などがいいですね。

また逆に、下痢のときに避けたいのは油の多い肉、魚、ラーメン、揚げ物などが代表的。また、消化に時間がかかるそばなども避けるべきです。ほかにも、香辛料の多いものやアルコール、カフェイン、冷たいものなど刺激の強いものも控えるようにしましょう。

下痢になりにくくするための予防法

急性下痢になりやすい人は暴飲暴食、飲酒、体の冷えに注意しましょう。普段の食事では唐辛子などの刺激が強い香辛料を控えめにすることも大切です。下痢に悩んでいる場合、食物繊維を多く摂り腸内環境を良好にすると、便の状態が改善することがあります。食物繊維を多く含む食材には、緑黄色野菜、ごぼうやさつまいもといった根菜類、玄米(七分搗き)、ひじきや切り干し大根などの乾物、豆類があります。食事が不規則なときは、パウダーやドリンクとして市販されている水溶性食物繊維(難消化性デキストリンなど)を活用するのもよいでしょう。水溶性食物繊維は無味無臭なので、飲み物に溶かして手軽に摂取できます。
一方、病原性大腸菌O157やノロウイルスなど、細菌やウイルスによる下痢の予防は、手洗いや消毒アルコールジェルなどが効果的です。また最近は、体に入り込んでしまった細菌やウイルスに対し、活動を抑制し、免疫力を高めることで細菌やウイルスの感染を防ぐ取り組みにも期待が集まっています。

抗菌・抗ウイルス作用のある「ラクトフェリン」

下痢を引き起こす細菌やウイルスの感染を予防する「ラクトフェリン」がいま注目されています。ラクトフェリンは人間の母乳をはじめ、多くの哺乳動物の乳に含まれているたんぱく質の一種です。
このラクトフェリンには抗菌・抗ウイルス作用があり、ウイルスや細菌が付着するのをブロックする、菌を殺傷する、菌の巣となるバイオフィルムを分解すると考えられています。
またラクトフェリンには、NK(ナチュラルキラー)細胞の働きを高めるなど、免疫力を活性化する作用が知られています。NK細胞は、がん細胞やウイルスに感染した細胞を発見・破壊することで、私たちの身体を守る大切な細胞のひとつです。
サルモネラ、カンピロバクター、黄色ブドウ球菌、ノロウイルス、ロタウイルスなど、様々な細菌やウイルスが下痢を引き起こします。下痢の原因となる病原体への対策として、このラクトフェリンを生活に摂り入れるのもよいでしょう。ラクトフェリンは小腸で直接作用すると考えられているため、感染が気になる季節だけ摂取する場合でも効果が期待できます。そのため、ここ数年、受験前などの大事な時期に摂る人も増えています。ラクトフェリンにはヨーグルト、飲料、サプリメント、タブレットなど、様々な製品があります。生活スタイルに合った摂り方で、下痢になりにくい元気な腸を目指しましょう。

いきなり襲ってきて体力を奪っていく困った下痢。下痢になりやすい人は、下痢を引き起こす原因をチェックしてみましょう。生活習慣や腸内環境を整えることで、なるべく下痢になりにくい、元気な身体づくりを心掛けたいものです。それでも下痢になってしまった場合は、症状を改善するツボもあるようです。ぜひ試してみてください。

監修医師

伊藤メディカルクリニック院長
伊藤幹彦先生

東京医科大学卒業後、東京医科大学第2外科(心臓血管外科)入局。東京医科大学八王子医療センター心臓血管外科や東京警察病院外科医長などを経歴し、現在は伊藤メディカルクリニックの院長を務める。これまでの術者としての経験をもとに、全身管理の大切さをモットーとし、健康維持への貢献を目指している。

ラクトフェリン

ラクトフェリン

へその緒でつながってお母さんのお腹のなかで大事に育てられてきた赤ちゃんは、産声を上げた途端、さまざまな病原菌にさらされます。このとき赤ちゃんを感染症から守ってくれるのが母乳に含まれる「ラクトフェリン」です。
哺乳動物は、丈夫に命をつなぐため、母乳から強く生きるチカラを授かるのです。そして今、ラクトフェリンには赤ちゃんをすこやかに育むだけでない驚くべきチカラが存在することが注目されています。

「ラクトフェリン」をもっと詳しく
知りたい方はこちら
上矢印