日焼け止めだけでは紫外線を防ぎきれない理由 年を重ねてみずみずしい肌を目指すなら「アロエステロール®」を取り入れよう

日焼け止めだけでは紫外線を防ぎきれない理由 年を重ねてみずみずしい肌を目指すなら「アロエステロール®」を取り入れよう

多くの女性にとって、夏の大敵と言えば「紫外線」。日焼けや肌へのダメージを防ごうと思って、熱心にクリームやジェルを塗っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、中には「きちんと日焼け止めクリームを塗っているのに、いまいち効果を実感できない」という人もいるようです。

昔に比べて紫外線に弱くなった
自覚がある?

今回、インターネットアンケートを使用して、日焼けへの意識調査を行なってみました。内容は、「昔に比べて紫外線に弱くなった気がするか」というものです。
その結果、全体の26.2%が「昔に比べて紫外線に弱くなったように感じる」と答えています。

【年代別・昔に比べて紫外線に弱くなったように感じる人】

【年代別・昔に比べて紫外線に弱くなったように感じる人】

(NEWSY社調べ)

年代別に見ていくと、明らかな違いが確認できました。30代が18.6%に過ぎなかったのに対し、40代では30.6%と、約12ポイントも該当率が高かったのです。「25歳は肌の曲がり角」なんて言いますが、アラフォーに差し掛かるとさらに紫外線にも弱くなったと実感する人も多いんですね。

また、今回調査を行なったのは30~40代の子育て世代の人たちですが、もっと上の世代はより多くの人が「紫外線に弱くなった」と感じているのかも。

その原因はなに? 
フリーアンサーで聞いてみた

では、上記の人々はどんなことが原因で紫外線に弱くなったと感じているのでしょうか? フリーアンサーで回答を探ってみると……

  • ・「年をとったことが原因でしょう。最近は、紫外線を浴びると肌がかゆくなります」(女性/46歳/主婦)
  • ・「加齢によるもの。昔は海に行っても平気だったが、今は怖くて行けない」(男性/38歳/技術職)
  • ・「年をとってから、日に当たると肌がすぐに赤くなるようになった。乾燥しやすくなったのも原因かもしれない」(女性/40歳/主婦)
  • ・「もともと、肌状態が悪いのは影響していると思う。年をとったため更にダメージを受けやすくなったというか…」(男性/48歳/総務・人事・事務)

やはり、多くの人にとって一番頭に浮かびやすい要素だったのでしょう。男女ともに大半の方の回答が「加齢」「老化」というキーワードをあげる結果に。
しかし、「どんなところが老化した結果、紫外線に弱くなったのか」まで分析すると、回答は意外とさまざまなようで、女性を中心により具体的な回答が目立ちました。

その原因はなに? フリーアンサーで聞いてみた
  • ・「もう若くないので、肌も順調に老化しているんだと思う。炎天下にいると、すぐに傷んでしまう。バリア機能の低下を感じる」(女性/43歳/その他)
  • ・「紫外線自体が昔より強くなったことと自分自身が年をとったことによる免疫力の低下」(女性/39歳/主婦)
  • ・「免疫低下が原因だと思う。昔はすぐに回復していたが、今は回復を待っている間にシミになってしまう……笑」(女性/47歳/営業・販売)
  • ・「加齢によって肌の回復力が下がったのもあるが、出産による体質の変化も大きいのでは? と思っています。自分の場合、産後の肌荒れから一気に肌の状態が悪くなりました」(女性/49歳/主婦)

肌自体の「バリア機能の低下」などを理由にあげる人がいる一方で、「免疫低下」「出産による体質の変化」など、カラダの変化を理由にあげる人が少なからず見られたのです。

たしかに、紫外線対策には紫外線に対する肌の強さと同時に、ダメージからの回復力も重要になってきます。しかし、年を取ると免疫力が低下するだけでなく、肌の新しい細胞を作る能力も衰えてしまうものなのです。老化によってそれらが衰えてしまえば、紫外線に弱くなったと感じる人がいるのもおかしな話ではないでしょう。

「紫外線に弱くなった」ことに対して行っている対策とは?

では、次に「昔より紫外線に弱くなったこと」に対して、どんな対策を行っているかも聞いてみました。

  • ・「日焼け対策をする。前よりも強めの日焼け止めクリームを塗って、日傘を持つようになりました。あとは夏でも長袖を着ること。『暑くない?』って聞かれるけど、肌が痛くなるよりマシなんですよね」(女性/38歳/主婦)
  • ・「スキンケア商品を意識する。化粧水や乳液でも、『美白』と書いてあるものを使うとか」(女性/39歳/その他)
  • ・「日焼け止めと日傘の使用を徹底しています。あと、そもそもできるだけ紫外線にあたらないように」(女性/46歳/主婦)
  • ・「サプリを飲み始めた。ビタミンCと、飲む日焼け止めみたいなやつ」(女性/30歳/公務員)

女性の多くは「日焼け止め」「日傘」の活用など、体の外部を守ることで紫外線対策をしている傾向があり、一方で年齢が若い人ほどサプリメントなど体の内側から改善する対策をとっている方も一部でいることがわかりましたが、割合としては前者がほとんどを占めました。

「紫外線に弱くなった」ことに対して行っている対策とは?

体の内側からも紫外線対策を!

上記アンケートからもわかるように、「紫外線対策=体の外側を守ること」と捉えている人が多いです。実際、加齢によって皮膚のバリア機能は低下するので、そこを守ってあげたり、水分を補ってあげるというのは、ある意味正しい行動と言えるでしょう。

しかし、前述のとおり、年齢を重ねるとカラダの免疫力そのものが低下し、新しい細胞を作る能力も低下します。結果的に紫外線で受けたダメージをスムーズに回復させることが難しくなっていきます。
だからこそ、紫外線によるダメージを軽減できるように、普段の食生活を改善し、体の内側から、肌の健康を保つことが大切であると考えられます。
そして、食生活から肌をサポートするのに一役買うのが「アロエステロール®」。絶世の美女・クレオパトラも体に塗っていたと言われる、アロエに含まれる成分です。

体の内側からも紫外線対策を!

「アロエステロール®」の特徴とその効果について、森永乳業研究員の三澤マネージャーに話を聞きました。

――アロエステロール®の基本的な性質および、摂取することで期待できる効果を教えてください

三澤:
「アロエステロール®とは、アロエベラ葉肉に含まれている5種類の成分の総称で、アロエベラの葉 7.5tにわずか 1gしか含まれていない非常に希少なものです。

アロエステロール®の摂取により、肌の保湿やシワの改善効果があることが明らかになっています。また光老化モデルを使った検証では、紫外線によって表皮が分厚くなることを抑制する効果も確認できました。肌の乾燥を改善したり、ごわつきやくすみを予防するなど、さまざまな肌の悩みに対して幅広い効果が期待できることが分かりました。」

――アロエステロール®が紫外線対策に有効な理由と、そのメカニズムを教えてください

三澤:
「皮膚の老化は、紫外線ダメージや加齢が主な原因とされています。紫外線によって、皮膚から出ていく水分の量が増え、肌の潤いの指標である皮膚水分量は減少します。

そんな中、アロエステロール®の摂取により、皮膚から出ていく水分量の増加が抑えられ、結果的に皮膚の乾燥が予防されることが明らかになりました。

また、紫外線を継続的に浴びると、皮膚の一番外の層である表皮が厚くなります。これによって、皮膚が硬くなり、くすみやごわつきの原因になると考えられていますが、アロエステロール®の摂取により、紫外線によって表皮が分厚くなるのが抑えられることも確認されています。」

――そんなお肌にいい「アロエステロール®」ですが、みなさんは研究をするようになって「肌がキレイになった」という実感はありますか?

三澤:
「冬場の悩みの種であった指先のひび割れが、昨年の冬は気になりませんでした。すぐに効果を期待することは難しいかもしれませんが、長く続けていることで、そういえばと実感できるものだと思います。

また、主婦モニターの皆様にアロエステロール®を摂取していただいた際に、膝や肘、かかとのかさつきが減った、爪が割れにくくなった、化粧のノリが良くなった、等の感想をいただいております。」

森永乳業 研究員 三澤マネージャー

森永乳業 研究員 三澤マネージャー

「食べ物」や「飲み物」でも紫外線予防ができるというのは、驚きではないでしょうか? 紫外線に悩んできた方は、ぜひ内側からの対策も加えてみてください。

【調査概要】
方法:インターネット調査(NEWSY社調べ)
調査期間:2017年7月7日~2017年7月14日
対象:30〜40代の既婚男女191名

アロエステロール®

アロエステロール®

アロエの種類の一つであるアロエベラは、古代からさまざまな魅力を秘めた植物として珍重されてきました。絶世の美女と謳われたクレオパトラも、アロエベラを体に塗って、美しさに磨きをかけていたとも言われています。そのアロエベラのチカラを科学的に解明していく中で、発見されたのが有効成分「アロエステロール®」です。これまでの研究によって、体の内側から働きかけ、「食べて美しく」を叶えることがわかってきました。女性にとってうれしい成分・アロエステロール®の秘密を探ってみましょう。

「アロエステロール®」をもっと詳しく
知りたい方はこちら
上矢印